TOP 過払い請求 過払い大阪 過払い請求にお困りの方

過払い請求にお困りの方

過払い請求は、キャッシングやカードローンの返済で貸金業者に余分に支払っていた利息の返還請求をし、借金を返したり減額することです。

主に弁護士や司法書士などに依頼することが多いですが自分で行うコトも出来ます。過払い請求の最大のメリットは当然、払い過ぎた利息である過払い金が戻ってくることです。

デメリットには、過払い金を請求した貸金業者から新たに借入が出来なくなってしまうことですが、別の貸金業者から新たに借入はできますので問題はないでしょう。

借金完済時を最後の取引として、そのときから10年が経ってしまうと過払い金請求ができなくなってしまうので早めに確認をしておく方が良いでしょう。

過払い請求の請求期間について

過払い請求において請求できる期間は時効の適用を受ける事で、10年が限度となります。そのため、債務が一つしかない場合については債務の弁済を終えたのち10年が経過した時点で請求をすることができなくなります。これについて多重債務であっても原則として債務の支払を終えたのち10年がたてば請求できなくなります。

しかし例外的に、多重債務の場合で債務の借り換えと同視できる場合については、はじめの債務の弁済から10年が経過したのちでも、後の債務の弁済から10年が経過していなければはじめの債務についても時効が成立していないとして過払い請求をする事ができます。

増加する借金や債務の過払い請求

近年、テレビなどで借金による過払い請求 多重債務による過払い請求を促すコマーシャル広告を良く目にします。

弁護士事務所に相談することによって、すでに完済している方は過去の返済履歴を確認して利息制限法の上限を超えて払いすぎてしまった利息の返還を要求する交渉ができます。

また借金を現在も返済中の方は契約内容の確認を行い、利息制限法に基づいて出た差額を返済金に充てたり、親族などからの資金援助から借金をいったん完済し、その分利息の軽減を求めて借金の金額を減らす交渉が行われます。思い当たる借金がある場合は、まずは弁護士事務所に相談すると良いでしょう。

過払い請求に関する記事

過払い請求のデメリットを知っておこう

最近では過払い請求を謳っている法律事務所が多いのですが、果たしてそこにデメリットはないのでしょうか。

一概には言えないのですが、デメリットの1つとして弁護士に相談するための手数料が高いと言うことが挙げられます。多重債務者であれば、何社もの消費者金融や銀行などに請求をする可能性もでてきます。その際に発生する手数料が高いということが挙げられています。

また、パターンによっては、後々追加費用として諸費用などの請求をされることもあります。過払い請求のための費用で困らないために、最初の確認と相談は気を抜かずに把握する必要がありまます。

過払い請求で借金を貯金に

過払い請求という言葉が流行りました。債多重債務者が陥りやすいのですが債務整理における一つの手続きのことです。

このほか任意整理、民事再生、自己破産の4つからなる債務整理の一つとして過払い請求があります。某弁護士事務所のテレビコマーシャルにあるように払いすぎた借金をまじめに返済して来た人がその多く支払いすぎている分を取り戻すためにあるのです。そういった意味で借金していた家庭の財政状況をプラスに転じることができるかもしれない、つまり借金から過払い分を取り戻して貯金することができるかもしれない手続きです。心あたりの方は是非弁護士に相談しましょう。

メニュー

TOP 交通事故慰謝料 交通事故相談 交通事故慰謝料相談 弁護士事務所、弁護士会の交通事故相談会を利用 交通事故弁護士 交通事故解決は弁護士に むちうち慰謝料相場 過払い請求 過払い大阪

交通事故と慰謝料

交通事故相談について

交通事故弁護士について

交通事故にあったらまずは落ち着いて警察、そして保険会社に連絡することが大切です。そのあと落ち着いて判断します。交通事故の処理でうまくいかないと場合は交通事故弁護士に相談しましょう。

むちうち慰謝料相場について

過払い請求について