交通事故で発生する慰謝料について知ろう

いつ起こるかわからない交通事故。最近では自転車がからんだ交通事故も増えているようです。

歩行者と車だけでなく、歩行者と自転車の事故や車と自転車での事故など、人が集まる街中では事故の危険が多く存在します。特に小さな子どもにとっては危険を予測するのが困難なこともあり、飛び出しなどで交通事故が起き、怪我や死亡してしまうケースもあります。

身近な道路で起こる交通事故と、よく話題に上がる慰謝料や賠償金、示談金についても、できるだけ情報収集をして知っておきたいですね。

と言っても普通には交通事故には合いませんので、そんな場合は自動車保険の弁護士特約を利用して弁護士に相談するのがいいと思います。

交通事故の損害賠償、慰謝料は高額にのぼることも多いので交渉を有利に進めたいのであれば交通事故に強い弁護士を利用することが得策です。

交通事故慰謝料の基準について

交通事故慰謝料の算定の基準についてわからないことがある場合には、多方面の専門家の助言を受けることがおすすめです。 現在では、交通事故慰謝料に関するトラブルを抱えている人が全国的に多くいるといわれていますが、早いうちに対処をすることで、将来的なリスクを回避することが可能となります。

もしも、交通事故慰謝料の計算式について興味があれば、同年代の人からのアドバイスをもらうことも良いでしょう。 その他、信頼のおける保険会社に相談を持ち掛けることによって、忙しい人であっても、冷静に対処をすることが出来るといわれています。

交通事故慰謝料をスムーズに計算しよう

交通事故慰謝料をスムーズに計算するにあたり、相手方の弁護士や保険会社の担当者と念入りに交渉をすることが重要なポイントとして挙げられます。 近頃は、交通事故慰謝料の支払いに関するトラブルが圧倒的に増えてきており、数々のリスクに備えるために、専門性の高い保険会社や法律事務所の活動実績をチェックすることがおすすめです。

一般的に、後遺障害などの重い症状が残っている場合には、高額な交通事故慰謝料を相手方に請求できることがあるため、少しでも知りたいことがあれば、親切な弁護士に相談をすることが成功のポイントです。

交通事故慰謝料と通院費は別に支払われる

交通事故で病院にかかった場合にかかる通院費と交通事故慰謝料はそれぞれ別々に支払われます。これは自賠責基準、任意基準、裁判、弁護士基準においてすべて同じになっています。通院費がたくさんかかったからと言って交通事故慰謝料が減ることは全くありません。

慰謝料とは精神的肉体的苦痛による損害賠償のことになるのです。また交通事故慰謝料も共済保険の基準、任意保険の基準と全く違いがあり、共済保険の場合はけがの程度に関係なく一日いくらと決まっており、任意保険の場合にはけがによって三段階に分かれ計算は軽傷を基準に通常の場合には10パーセント増し、重症の場合には25パーセント増しで計算されるようになっています。

交通事故慰謝料の支払い方法について

交通事故を起こした場合、交通事故慰謝料が発生しますが支払いまでに時間を要することがほとんどです。たとえ被害者側が仕事もままならない状態になり、早急に休業損害の紙を保険会社に出したとしてもすぐには交通事故慰謝料は振り込まれません。なぜなら被害者が通院した病院の診断書や報酬明細書が揃わなくては正確な慰謝料の計算ができないからです。

また、診断書を作成するまでに数ヶ月かかる場合もある為振り込まれるまで結果的に自己負担になるケースがほとんどです。支払い方法については、基本的に振り込みになります。しかしその振り込みまでの過程が非常に長くなりますので請求する被害者側の方は覚悟が必要です。また振り込みまでがあまりに長いと感じる場合、振り込みまでの進行状況などは相手の保険会社の担当者に問い合わせると教えていただける事があります。

しかし、慰謝料を算出するまでに必要な資料が出揃っていない場合は、振り込み金額が算出されていない状態になるので被害者側にとっていい回答は得られません。本来なら振り込まれるまで気長に待つ事がいちばん無難な対応かとは思いますが、状況などは聞いて見るのもひとつの手です。焦らず待ちましょう。

交通事故の相談は弁護士へ。自動車保険の弁護士特約を利用しましょう。

悩み事は弁護士で!交通事故の相談後遺障害、慰謝料について。

交通事故相談は弁護士みお。

むちうちの慰謝料相場は弁護士に相談!

交通事故で怪我をしてしまうことはよくあることです。大きな怪我はそのときにすぐにわかりますが、意外とあとから出てくる怪我の1つにむちうちがあります。そのときは事故にあったという驚きと緊張もあって、痛みを感じなくてもあとから痛みが襲ってくるということがあります。

ですから交通事故に遭ったときはとりあえず、警察を呼んで事故証明をするということと、レントゲンのある病院でレントゲンをとり怪我の状態を確認しておくことが大切です。その後痛みがなければいいのですが、数日で痛みがでたというときには、すぐに治療をはじめることが必要です。数週間以上たっていたいと言い出しても、それが交通事故が原因かどうか認められないこともあるからです。

しばらく治療しても、しびれが残ったり痛みが続くというときには、医師から症状固定をしてもらう必要があります。むちうちのときは、手のしびれや頭痛が残ることがあるので注意が必要です。症状固定によって後遺症の等級がきまり、その等級によって慰謝料相場が決まってきます。日本の場合、被害者の要求より慰謝料の相場が低いことが多いです。慰謝料に不服の場合は弁護士に相談するか依頼してもう一度交渉をしてもらうといいでしょう。

交通事故と慰謝料

交通事故相談について

交通事故弁護士について

むちうち慰謝料相場について