交通事故相談でお年寄りの慰謝料について相談する

お年寄りの交通事故は増えています。そのため交通事故のほとんどがお年寄りが犠牲になっています。ところで、この場合に、慰謝料は低くなってしまうといいますが、これは事実なのでしょうか?

確かにこれは事実で、この場合には、不利なことが多いのです。例えば、体が不自由なために、事故に遭ってしまったという過失をとられやすいですし、死亡しても、相手から支払われる金額は低くされます。

しかし、黙っていては低くされる一方ですが、交渉の仕方で変わってきます。そのため、被害者が年配者の場合こそ、交通事故相談で、弁護士と話し合うと有利なことが多いといえます。

被害者が高齢者の場合の交通事故慰謝料について

交通事故慰謝料は、高齢者であろうと関係がありません。損害賠償の場合は、逸失利益の計算で、高齢であるほどそれが少なくなるため、賠償額はたとえ死亡したとしても低くなる傾向にあります。しかし、交通事故慰謝料は、自己による精神的な苦痛を補うために支払われるものです。そのため、これは逸失利益などとは異なる配慮がなされ、自己の大きさなどで決まってくるもので、決して年齢で決まる物ではありません。それが、損害賠償の場合と異なる点です。

ただ、裁判にならない限り、個別に算定するわけではなく、示談金として一律に扱われるため、この点は現れにくくなっています。しかし、大体の配分を意識していれば、その示談金が妥当な金額かどうかを把握することができます。とはいえ、素人にはそれがわからないでしょうから、できれば専門家に交渉を依頼したほうが良いでしょう。ここで専門家とは弁護士のことです。報酬を得て代理人となるのは、原則弁護士しかできる事ではないため、それをしてもらうのは必然的に弁護士となります。示談屋を利用することは、非弁行為を助長するだけでなく、自分も被害に遭って金銭を巻き上げられるリスクがあるため、利用は避けなくてはなりません。

交通事故相談の内容について

交通事故の相談については、日弁連交通事故相談センターや国で定められた機関でおこなわれています。はじめて交通事故を経験した場合において、どのように立ち振る舞えばよいのか分からない点が挙げられます。

そのような質問も相談内容としては数多くあります。また、慰謝料などの専門的な相談内容もありますが、専門機関においては、弁護士や司法書士などの法律家と異なりますので、完全に内容があっていると言い切ることができません。間違いのないやり取りをおこないたい場合においては、交通事故弁護士に依頼することをおすすめします。

交通事故相談のメリットについて

交通事故の相談については一人で悩んだりするよりも、専門の機関に依頼することをおすすめします。一番確実なのは弁護士に依頼することですが、弁護士事務所の敷居が高い場合においては、日弁連交通事故相談センターや国が無料で設置している専門の機関などに問い合わせてみることです。

その回答をもとに弁護士に依頼するかどうかを決めても遅い事はありません。初めての経験となる場合においては、戸惑うことも多いかもしれませんが、慰謝料の基準の設定などにも関わってきますので、しっかりとした態度で対応することが重要になってきます。

困った時に頼りたい交通事故相談

交通事故の被害に関する相談は、弁護士や司法書士などの法律専門家だけでなく、全国各地に位置している地方自治体などによる交通事故相談センターへも行うことが可能です。

法律に関連しない範囲で、加害者へ対しての慰謝料や損害賠償などの請求を中心に、どのように対応すれば良いのか分からないような問題が起こった時、さらに慰謝料や損害賠償の請求に関して、なかなか思うように条件交渉が行われない時、よりスムーズに問題を解決させたい時などに頼る事のできる心強い存在でもあります。個人での対応は不可能ではないものの、より速やかな対処が行えます。

交通事故相談ができる場所について

交通事故の被害者になってしまった場合には、法人団体としていくつかの専門機関が存在しているので、誰でも交通事故相談をすることが可能になります。しかしながら、彼らは弁護士や司法書士などと違って法律家ではありませんので、しっかりとした情報や交渉ごとをしたい場合においては、弁護士に依頼することが最良の方法になります。

弁護士費用はいくらかかかってしまいますが、弁護士に相談することで慰謝料の金額が、倍以上に上がったりなどの事例も多くありますので、必要があれば依頼した方が後々良い結果に結びつく可能性があります。

交通事故相談に関する記事

交通事故と慰謝料

交通事故相談について

交通事故弁護士について

むちうち慰謝料相場について