交通事故慰謝料相談

示談金やもしくは慰謝料の事で、交通事故の弁護士相談を利用する人は多いみたいですね。

その時には、いつのタイミングで弁護士の所に行けばいいのか分からないという人もいる様です。実際には、早ければ早いほど好ましいみたいですね。遅れてしまわない方がいいでしょう。医師に検査を行ってもらい、診断書を書いてもらわないといけません。

その際にも、法律家が医師と話をしてくれて、相談者のサポートを行ってくれる事もあるみたいです。専門的な事が分からないにも関わらず、自分ですべて話をしたりする事は不安もあるかと思います。

医師との話までサポートしてくれるというのは、交通事故の怪我で完全に回復できていない被害者にとって嬉しい事ですね。

交通事故慰謝料を同乗者分も支払われるのか

交通事故では、同乗者がいる中で起きるケースも多々ありますが、慰謝料をいくらにするかの話し合いをする段階になったときに同乗していた人の分も請求できるかどうかは、保険の種類と同乗していた人の立場によって異なります。

自賠責保険を利用して交通事故慰謝料を請求する場合、事故車両に同乗していた人は、自身が乗っていた車両の運転者が加入する自賠責保険と、相手の車両の運転者が加入する自賠責保険の両方に慰謝料の請求をすることが可能です。一方、任意保険では、事故を起こした車両の運転者が加入している任意保険の内容に、対人賠償責任保険、人身傷害補償特約、搭乗者傷害特約のいずれかが含まれていれば、損害保険会社に補償を求めることができる可能性があります。

また、同乗者に交通事故慰謝料が支払われるかは、保険の補償内容の中でその人が保険金の支払い対象に含まれているかどうかで決まります。自賠責保険の場合は同乗していた人が運行供用者に該当しなければ請求することができ、任意保険の場合は保険商品で定められている要件を満たしていれば支払いを受けることができます。ただし、同乗していた人が配偶者、子供、親のいずれかだった場合は、対人賠償責任保険を適用させることができず、運転者が搭乗者傷害特約か人身傷害補償特約を付帯させていなければ任意保険の範囲から補償を受けることができない可能性があるので注意が必要です。

特約を活用したい交通事故慰謝料

弁護士費用を捻出できないために、交通事故慰謝料の交渉を行う事を諦めたくないと考えるのであれば、弁護士特約で備えておく方法もあります。そうすると、もし交通事故慰謝料の事で相手側と交渉しないといけない時などにも、お金の事でためらう必要はありません。

交通事故慰謝料の交渉が必要な場面はあまりありませんが、いざとなった時には本当に必要性を実感する事もあります。交通事故慰謝料の事で交渉する際のために備えていないと、何かと不安が残る事もあります。保険の見直しをする時には、交通事故慰謝料の事で法律相談を利用する時の事についても、考えた上で決定するといいでしょう。備える事は大切です。

無料で交通事故慰謝料の相談

楽に交通事故慰謝料に関する相談料を捻出する事ができればいいのですが、なかなかその様にはいかない事もあります。法律家の中には少しでも利用しやすい環境を整えるために、交通事故慰謝料について相談する際の相談料については不要としている事もあります。

しかし、交通事故慰謝料について相談すると、着手金や報酬などが発生します。交通事故慰謝料に関する相談料が不要の場合でも、それ以外の費用は安くない事もあります。また、交通事故慰謝料について相談する際には、最初に支払う着手金を必要ないとしている所もあります。また、分割や後払いに対応している事もあります。支払い方法については最初に調べておきましょう。

交通事故慰謝料における後遺障害の相談について

予期していなかった場合の交通事故が、起こってしまうケースがあります。その場合に被害が大きく身体の損傷がひどい場合には、歩けなくなってしまうケースもあります。そのような場合においては、後遺障害が認定されるようになっています。認定が受けるか受けられないかで、受け取れる金額もその後の人生も、大きく変わってきます。

交通事故慰謝料の場合には基準が大きく異なり、低い場合には倍以下の金額で決まってしまうと言われています。そのような自体を避けるためには、弁護士などの専門機関に相談し、依頼することで大きく変わってきます。

専業主婦死亡事故の交通事故慰謝料の相談

専業主婦は現金を得る職業ではありませんが、子育てや家事といった家庭を支える貴重な役割があります。ですが、車の死亡事故で提示される保険会社の交通事故慰謝料は、相場の2,400万円よりはるかに低い金額だそうです。親を亡くした子供の悲しみは計り知りません。

また今後は子育てを誰かが行うことになります。特に小さい子供がいる場合は、外で働く夫が子育てを兼業しながら、これまでと変わらない勤務状態でいることは不可能ですし、人に頼むにしてもその分の金銭的負担もでてくるものです。弁護士が介入することで、本人の慰謝料の他、子供や夫にも支払われますから、あきらめず交通事故に特化した法律事務所に相談してみましょう。

千葉県弁護士会

http://www.chiba-ben.or.jp/

〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4丁目13番9号

交通事故慰謝料に関する記事

交通事故と慰謝料

交通事故相談について

交通事故弁護士について

むちうち慰謝料相場について