保険会社が提示する交通事故の慰謝料

車を運転していると保険に加入しないといけませんが、それだけではなく更に任意でいろんな保険に加入している人もいる様です。

交通事故に遭った時に保険会社に相談すると、慰謝料を提示してくる事でしょう。その際に、自分達が思っている金額よりも交通事故慰謝料が少ないなと感じる人もいるようです。

保険会社が支払う事になりますので、必要以上に支払う様な事はしたくないというのが本音でしょう。交通事故に遭って辛い思いをしているのだからもっと支払って欲しいという時には、弁護士に相談・依頼するなどして金額を引き上げてもらうよう話をしたりする事もあります。

大きな問題などなく、無事に解決する事ができればいいですね。

納得の行く交通事故慰謝料が提示されない場合

運悪く交通事故の被害者となってしまうと、交通事故によって受けた損害に対する賠償を加害者に請求することになります。これが交通事故の損害賠償請求です。損害賠償金の交渉は、殆どの場合加害者が加入している保険会社(自賠責保険・任意保険)と行います。

損害賠償金の算出は保険会社が行い、被害者に提示してきますが、算出される交通事故慰謝料に納得できない人は少なくありません。重い怪我を負ってしまい、入通院期間が長くなってしまった人はその傾向が顕著であると言えます。そもそも保険会社は交通事故慰謝料の算出を、最低限度の補償内容である自賠責保険の計算基準、あるいは自賠責保険の基準に多少上乗せした程度の任意保険の計算基準を用いて行います。

つまり、一番最低限の相場を用いた慰謝料を提示してくるのです。このようにもしも納得の行く交通事故慰謝料が提示されない場合には、弁護士に相談することをお勧めします。弁護士は『裁判基準(弁護士基準)』の計算基準を用いて交通事故の慰謝料を計算します。この計算基準を用いた場合、保険会社が提示してきた金額の2倍以上の金額が算出されます。弁護士に依頼をすると、交通事故の慰謝料交渉をこの高い相場を用いて進めていくことが可能となるのです。

交通事故慰謝料に慣れた弁護士

交通事故を扱う弁護士というのもいますが、その中でもさらに交通事故慰謝料に慣れた人もいます。交通事故慰謝料における問題があるという場合には、できるだけ費用やそれに関する法律に詳しい人が好ましいでしょう。

時間が経った際には、あの時、交通事故慰謝料が得意な弁護士を選んでおけばよかったと後悔する事がない様に、しっかりと弁護士選びを行っておく様にしましょう。交通事故慰謝料について相談するのであれば、弁護士の力量も大事となります。交通事故慰謝料に対して、できるだけ全力を尽くす事が大事でしょう。この人に頼むときっと大丈夫だと思える弁護士を見つけましょう。弁護士探しはネット検索が有効です。

逸失利益も考慮した交通事故慰謝料

軽傷であれば、交通事故慰謝料に逸失利益は含まれない事も多いですが、重症となった場合や死亡した場合の交通事故慰謝料においては、逸失利益が追加される事もあります。交通事故慰謝料に含まれる事があるこの逸失利益というのは、もし何事もなければ稼ぐ事ができると想定される費用です。

交通事故慰謝料の逸失利益においては、平均賃金をそのまま受け取る事ができるという分けではありません。交通事故慰謝料においては、生活費をマイナスした費用を受け取る事ができます。これからの生活が不安な人も多いと思いますが、逸失利益があると、少しは不安が和らぐ事もあるでしょう。自分や家族のために、早期の回復を目指しましょう。

等級でそれぞれ異なる交通事故慰謝料

実は後遺症と言っても、それぞれ等級に分かれており、交通事故慰謝料は違ってきます。後遺症でも比較的軽い場合で、日常生活にあまり影響がないと判断された場合には、交通事故慰謝料の金額は低くなり、その反対に重症となった場合には、多くの交通事故慰謝料を受け取る事ができます。

なお、被害者が亡くなった場合には、本人が交通事故慰謝料を受け取る事はできなくなりますので、その代わりに家族が受け取る事になります。状況により最終的な交通事故慰謝料が決定する事もありますので、後遺症に関する等級の認定は被害者にとって非常に大事となります。本当に正しく判断されているかどうかという事を検討してみましょう。

特に弁護士を必要としない交通事故慰謝料

交通事故で怪我を負った場合には、人身事故として処理が行われますので、その場合には交通事故慰謝料が必要になります。しかし、交通事故慰謝料が発生する交通事故と言ってもすべての場合において弁護士が必要となる分けではありません。

自分自身が交通事故慰謝料において満足できているのであれば、特に問題はありません。交通事故慰謝料などにおいてトラブルなどがない場合には、早く解決へと至る事もあります。しかし、交通事故慰謝料において納得する事ができないという様な事があれば、問題を着実に解決していく事が必要でしょう。その際に一人ではなくて、弁護士がいると、より解決がしやすくなる事が予想できます。

交通事故慰謝料に同意の前に

相手から交通事故慰謝料を提示されると、同意する必要がありますが、内容をよく確認してからでないと不満が残るという事も考えられます。とは言っても、言い渡された交通事故慰謝料を眺めているだけで、その金額が妥当であるのかという事は分かる分けではありません。

交通事故慰謝料に同意をするというのは、できるだけ慎重に行う事をおすすめします。自分だけでは交通事故慰謝料の対応をするのが難しい事もあると思いますので、そんな時には法律家に聞きながら、受け入れる事ができる結果を目指しましょう。交通事故慰謝料の同意は簡単に済ませる事ができますが、本当に問題ないかという事は確認を済ませておきましょう。

交通事故慰謝料に関する記事

交通事故と慰謝料

交通事故相談について

交通事故弁護士について

むちうち慰謝料相場について