保険会社の交通事故対応に満足できない場合は弁護士の交通事故相談会へ

車が関係している交通事故意外は、それほど大した交通事故にはならないと思っている人もいるようですが、そんな事はありません。事故は一瞬のうちに起り、自転車と歩行者の交通事故で死亡者が出ています。

どんな交通事故でも、信号無視や飲酒運転などあまりにも悪質な場合は、罪に問われる事もあります。安全を無視した様な危険な運転をしている自転車や、周囲を確認しないで道路に飛び出してくる歩行者もいます。

そんな人は交通事故に遭遇する確率が非常に高くなります。

自分が被害者になるのも加害者になるのも避けたいですね。人生が変わってしまいますので、そうならないためにも安全運転を心掛けましょう。

もし、交通事故の加害者、被害者のいずれかになった場合は、弁護士、保険会社の交通事故相談窓口に連絡し、相談にのってもらいましょう。

多くの場合は、保険会社がうまくやってくれるのですが、保険会社の交通事故対応に満足できない場合は弁護士の交通事故相談会、市役所、弁護士会が行っている交通事故相談会を利用してみましょう。

交通事故慰謝料請求できる期間はどれくらい?

交通事故慰謝料請求できる期間は、3年というケースが多いようです。法律では、「加害者及び損害を知ったときから3年」が時効の期間となっています。ひき逃げにあったというような例外的なケースを除けば、時効は3年です。ひき逃げにあった場合でも、警察が捜査をして犯人を捕まえた場合には、その時点が加害者を知った時になるでしょう。通常は事故にあったら警察が状況証拠をとってくれていますが、警察に連絡をしなかった場合には証拠がなく、後から請求することが困難になります。警察に連絡をすることは義務であり、場合によっては被害者も罪に問われるので、必ず連絡をするようにしましょう。

交通事故慰謝料の時効は、加害者が一部でも損害賠償を支払った時、保険会社と示談をした時、後遺障害等級が認定された時などに中断されます。事故から3年が経過していても請求できるケースはあるので、諦めないようにしましょう。 千葉県や茨城県で交通事故慰謝料についての相談をするなら、なるべく交通事故問題を専門に扱っている法律事務所にするのがおすすめです。無料相談をしている法律事務所もたくさんあるので、まずは相談をしてみて、正式に依頼をすることにメリットがあるかどうかを判断しましょう。

交通事故相談における専門弁護士の選定について

交通事故相談できる事務所として、ネットや広告に書かれている場合がありますが、たんに自宅から近いからといって良いわけではなさそうです。中には、医療に詳しくない弁護士なら治療中は受け付けられないとう事務所もあるようです。

今後の慰謝料に影響を与える後遺障害に精通していなければ、治療中におけるポイントや、その症状にあった専門科目のアドバイスをすることもできません。医者によっては、被害者の体調の訴えをそれほど重視していない場合もあります。そのため、事故直後から丁寧に相談してもらえる、弁護士事務所選びが大切です。

交通事故相談の急増について

交通事故が少し減っているにも関わらず、弁護士にくる交通事故相談は増加していると言われています。この事実は弁護士事務所にとっては大きな出来事で、同じように交通事故相談をしたおかげで、多くの慰謝料を受け取ることができた依頼主にとっても嬉しい出来事となり、お互いが Win - Winの関係であることが理解できます。

慣れていないと敷居の高い場所ではありますが、だからこそ経験した部分でもあります。車は若い人たちも運転しますので、こうしたリテラシを教え込んだ方がいいかも知れません。そのようなことも踏まえて、一度無料相談に参加されることをお勧めします。

事故後には弁護士に交通事故相談をしよう

事故が起きてから、何もしないで適当に過ごしているのは良くないことで、早期解決を図るために必要なことはすすめることになります。色々なサービスが使えるようになった現代では、当然いいとされているものは積極的に取り入れられるようになり、交通事故相談もしやすくなりました。

弁護士に相談することで、事故後の状況やどのような手続きをすればいいのか、慰謝料についての話も任せることができます。大きな事故になってしまうと、話をしたくても難しい部分もあります。交通事故に関する話は、起きてからすぐに弁護士へ話をするといいです。

慰謝料請求など交通事故相談を弁護士に依頼するメリット

交通事故に遭ってしまい被害者となった場合、相手の保険会社に慰謝料や賠償金を請求することができます。しかし、適正な価格を請求するためには相場や法律など交通事故に関する知識が必要であるため、保険会社と交渉することは簡単ではありません。

そのため、専門家である弁護士に依頼することがおすすめです。依頼することで、慰謝料などの相場が分かり、提示された金額が妥当であるか判断することができます。また、専門家によるアドバイスを受けることができるため、精神的な不安も軽減されます。弁護士はそれぞれ得意分野があるため、交通事故相談を専門的に取り扱っている事務所を選ぶこともポイントです。

交通事故相談に関する記事

交通事故と慰謝料

交通事故相談について

交通事故弁護士について

むちうち慰謝料相場について